日焼け止めができる仕組み

日焼け止めの原理

  • 日焼け止めを使うとどうして日焼けをしなくなるのでしょうか。その仕組みが不思議だと思う方は多いでしょう。まず日焼けというのは皮膚に紫外線が照射されることによって起きます。紫外線というのは生物の細胞やDNAなどを損傷させてしまうほど人体にとっては害のあるものです。

    この紫外線から肌を守るための方法として人間は日焼けという方法を用いているのです。皮膚が黒くなってしまうのは、そうすることによって紫外線から体を守るためなのです。肌の中にはメラサイトという物質が存在しており、これが紫外線によってメラニンを生成するようになります。このメラニンは黒色の物質であり、日焼けの原因となっているのです。このメラニンは紫外線を吸収してくれます。これによって紫外線が肌の細胞にダメージを与えるのを防ぐことができるのです。

    それでは日焼け止めはどのようにして日焼けを防ぐかというと、紫外線を反射させているのです。肌に紫外線が当たらなければ日焼けすることはありません。とても簡単な原理なのです。日焼け止めの中には紫外線散乱剤というものが含まれています。金属酸化物の粉によって肌の表面を覆うことによって、まるで鏡のようにして物理的に紫外線をどんどん反射させてしまえます。これによって日焼けを防ぎます。