日焼け止めができる仕組み

日焼け止めの成分

  • 肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めにはどのような成分が含まれているのでしょうか。日焼け止めに含まれる主な成分は紫外線散乱剤と紫外線吸収剤です。この2つの成分によって、日焼け止めの効果を発揮することができるのです。紫外線散乱剤というのは文字通り紫外線を肌の表面で散乱させることができる物質のことです。肌への負担も少ないです。

    そのためちょっと外出をする程度ならば、紫外線散乱剤がメインとなっている日焼け止めを使うと良いでしょう。一方の紫外線吸収剤というのは紫外線を吸収することができて、それを熱エネルギーに変えてしまいます。そうすることによって、紫外線が肌に浸透してしまうのを防げるのです。ただし、肌に与える影響が大きいため、使用頻度が高くなると危険です。

    紫外線吸収剤というのは肌への負担の大きな成分となっています。そのため肌の弱い方はできれば使わない方が良いでしょう。ただし、肌が丈夫な方にとっては効果が強いためメリットもあります。その他に添加物が含まれているケースもあります。防腐剤や合成香料、合成着色料などです。このような余計な添加物の含まれていない日焼け止めを選ぶと良いでしょう。その方が肌にとっては良いからです。