日焼け止めができる仕組み

日焼け止めの種類

  • 日焼け止めにはいろいろなタイプのものが売られています。まず一番ポピュラーなものは液体タイプの日焼け止めでしょう。液体タイプの中にもさらにクリームタイプやローションタイプ、ジェルタイプなどがあります。クリームタイプは肌にしっかりと密着させられるのですが、肌荒れしやすくなります。肌の弱い方はローションタイプの方が良いでしょう。

    日焼け止めの中にはパウダータイプと呼ばれるものがあります。こちらは肌が荒れにくいのが特徴となっています。メイク直しをする際に便利です。ファンデーション代わりに使うこともできます。液体タイプが自分には合わないと感じる方はパウダータイプを使ってみると良いでしょう。
    その他にスプレータイプというものがあります。こちらは頭皮や髪の毛を守るために使うと良いでしょう。普通の日焼け止めでは使いにくい場所にスプレータイプを吹きかけるという使い方が良いでしょう。

    シートタイプというものも売られています。こちらは持ち歩くのが簡単です。塗り直すことが簡単にできます。日焼け止めの塗り直し用として使っている方が多いです。
    このようにいろいろな種類の日焼け止めがあります。それぞれの用途や目的に合わせて使い分けましょう。